災害対策に関する法律

法律の中には事故を未然に防ぐために制定されたものもあります。
そうした法の特徴は想定される事故の内容を詳しく検証して、どのような場合に事故が拡大するかを分析していることです。
それによって何をすれば事故の拡大をできるだけ食い止められるかを突き止めて、それを法の条文の中で明確に規定しています。
たとえば典型的な自然災害の一つとして土砂崩れがあります。
普段はなにごともない穏やかな丘などであっても、一度大規模な台風などが通過した場合には土砂崩れが発生して、大規模な災害を引き起こす場合も想定できます。
そのような被害を起こさないようにするためにも、事前のしっかりとした災害対策を法律によって規定することが一番必要とされています。
法で規定できるような対策には、森林の利用や土の運搬などに関する制限があります。
土砂崩れを防ぐためにはしっかりとした土壌やそこに植えられている樹木の存在がどうしても不可欠になるからです。

犯罪トラブル、遺産分割何でもどうぞ
犯罪トラブルや遺産分割など、民事や刑事に関する法的相談は何でも河原町五条法律事務所へ。

ドキュメントハウスに多言語翻訳
ご依頼ください

顧問料0円のスポット社労士くんに
ご依頼ください

企業再生のご相談
は法律の専門家まで

海外の方向けのマニュアル作成
を最短でお作りします

情報一覧

関連メニュー

災害対策という言葉が広く語られるのは、災害がいつどのような形で起きるか想定できないからです。

災害対策を法律で定めることの重要性

わが国では、憲法によって国民の納税の義務が定められています。
しかし、その義務は無条件で決定さ

納税者が税金のことを学ぶ意義について

税金には国税と地方税の区別があります。
これらの違いは誰が税金を徴収するかということです。 法律と国税のことなど

なんらかの事業を始めるときにぜひとも知っておかなければいけないのは法律です。
特にその事業と深

法律と事業などについて

Copyright© 法律 災害対策 All Rights Reserved.

災害対策に関する法律
法律 災害対策