法律 災害対策について

災害対策を法律で定めることの重要性

災害対策という言葉が広く語られるのは、災害がいつどのような形で起きるか想定できないからです。
確かに災害の発生自体が予見できるのであれば、それに向けての対策を積み重ねることは当然、意味を持つこととなります。
自然科学の分野の研究は進んでおり、将来の発生は想定できる位置にまでは達しましたが、それがどのくらいの規模でどのような形かまでは予期できないのは実情です。
しかし、未然に対策を講じていれば防げる災害とその災害のレベルがはるかに上で防ぎきれない災害もあります。
いずれにせよ、災害対策の推進を法律で規定しておくことは有意義です。
それは人命の安全は決して購入できるものではなく、日々の積み重ねや取り組みによって確保されるべき性質があるからです。
災害発生後に気づかされるのは、実際にあらかじめ人の手で対策しておけば、災害を防ぐことができたといった声です。
元々、災害対策のための法律がなかったので対策がされなかったとすることも多く、念入りに法律を整備しておくことは鍵を握ります。

sabu用置換

Copyright© 法律 災害対策 All Rights Reserved.

災害対策を法律で定めることの重要性
法律 災害対策