法律 国税について

納税者が税金のことを学ぶ意義について

わが国では、憲法によって国民の納税の義務が定められています。
しかし、その義務は無条件で決定されるものではなく、法律によって具体的なルールを定めた上で課せられなければなりません。
このような考え方を租税法律主義といい、税金の課税や徴収に関する法律を税法といいます。
さて、税金は様々な観点から分類されますが、その一つとして国税と地方税があります。
これは課税主体が国であるか地方公共団体であるかによるもので、国税とは国が個人や企業に課税する税金であるといえます。
その代表的なものは所得税、法人税、相続税、消費税等が挙げられ、これらの租税収入が国の歳入の主要な部分を占めています。
中でも所得税、法人税、相続税は申告納税方式を採っており、原則として納税者自らが税額を計算し、申告納付しなければなりません。
このルールを守らないと重い罰則を受ける可能性があります。
そのため納税者は絶えず税法を学んで理解し、正しく公平な納税を行うことが求められているのです。

sabu用置換

Copyright© 法律 国税 All Rights Reserved.

納税者が税金のことを学ぶ意義について
法律 国税